学資保険が失効してしまうケースとは

子供の将来の可能性、あるいはリスクのために積み立てる学資保険。
そんな学資保険ですが、場合によっては失効してしまうケースがあります。
その代表的なケースが、保険料の未払いです。

通常、学資保険はその月の引き落としが正常に行われないと翌月に支払いができなかった旨が書面で通知されます。
一般的にはその月中が保険料支払いの猶予期間となります。
この猶予期間内に保険料が支払われれば、学資保険はそのままペナルティ等なく継続されます。
しかし、猶予期間を過ぎても保険料が支払われない場合は、失効扱いになります。
ただ、学資保険に関しては猶予期間が過ぎてもすぐに保険が失効されてしまうようなことはありません。

保険会社も何もしなくてもお金を払ってくれる人をそう簡単にあきらめるわけはありません。
そこで適用されるのが、自動振替貸付制度です。
これは学資保険のように貯蓄性の高い保険に適用される制度で、保険料の支払いがとまってしまっても解約払戻金の範囲の中で、保険会社が保険料を立て替えて支払ってくれる制度です。
保険会社の言い分としては、それまで積み立てた学資保険が失効することで、被保険者が不利益を被らないための措置ということですが・・・自動振替貸付制度は要するに保険会社に対する借金です。
借りたお金は利息を付けて返さなければいけません。

その月だけ家計が苦しく、翌月にまとめて返せるというのであればまだ損も少なくて済むかも知れませんが、リストラや減給などで収入が少ない場合は早めに手を打つことも考えておいた方が良いでしょう。
一般的な学資保険はほとんどが自動振替貸付制度が自動適用されます。
この制度をなるべく使わずに済むよう保険料を捻出することが大切と言えるでしょう。
そのためには支払い方法が選べる学資保険を選ぶのも良いかも知れません。
学資保険の種類別の特長はこちらをご覧ください。

たとえばソニー生命の学資保険の場合、月払い・半年払い・年払い・一時払いの中から選択することができます。
収入が不安定な場合(慢性的に低いのではなく、月によっての高低差が大きい場合など)は、半年払いや年払いを使うことで支払いに穴が開くことをある程度は防ぐことができるでしょう。
満期年齢も17歳・18歳・20歳・22歳から選ぶことができますし、受け取り方も子供の進学といった節目で受け取るか、満期にまとめて受け取るか選ぶことができます。
これらを組み合わせていつお金がいるか、いつお金を払うかをカスタマイズすることで、学資保険の利益を最大限にすることができるわけです。

Copyright (C) 子供の将来に備えて All Rights Reserved.