子供が生まれたら約6割が学資保険に加入している

学歴が全てとはいいませんが、やはりそれなりの勉強をすることで変わってくる未来もあります。
自分の子供には、十分な教育をしてあげたいと思うのが親としての人情というものでしょう。
実際、子供が生まれると、かなりの親が学資保険を検討し、約6割が実際に加入しています。
一時期に比べると学資保険の利率が下がってしまったこともあって加入率は低下しているようですが、それでもこの超低金利時代。
親の収入も減る一方ですから、少しでも子供にお金を残そうと学資保険を検討する親は決して少なくはありません。
評判の良い人気の学資保険もチェックして参考にしてください。

一方、学資保険に入らない親も確実に存在しています。
学資保険に入らない原因で一番多いのは、やはり保険料を支払う余裕がないという金銭的な問題。
加入しなかった親全体から見ても約43%をしめています。
それなりのお金があれば入ったということですから、やはり学資保険はかなりのニーズがあると言うことですね。
入れない、または入らないという明確な理由がある人はそれでも構わないのですが、何となく加入時期を逃して入れなかったという人はちょっともったいないですね。
0歳で入るのと、対象年齢ギリギリで入るのでは、月額保険料に大きな差が出てきます。
こちらには学資保険料や返戻率について等知っておくべき情報が沢山掲載されています。

たとえばNKSJひまわり保険の場合。
親が22歳だった場合、子供が0歳で加入すれば月々の支払いは10303円で済みますが、子供が5歳になってから加入すると11894円と、1500円以上の差が出てきます。
1ヶ月で1500円だったら1年で2万円、15年で30万円の差になります。
それでもらえる祝い金や満期解約金は同じでは大損です。
そんなことにならないよう、子供が生まれたからではなく、子供ができたら、極端な話、結婚して子供をつくるつもりであればすぐにでも検討し、月々の保険料を捻出することを考えたとしても遅すぎると言うことはありません。
さらに迷っている間に親の年齢も上がっていきます。
先ほどの例にならってNKSJひまわり保険の場合の場合、親が22歳で子供が0歳だったら10303円の月額保険料も、親が27歳で子供が5歳になると11919円と1600円近い差になります。
学資保険は子供が生まれたら少しでも早く加入した方が良いので、妊娠が発覚した時点でどの保険会社に加入するか比較検討をしておくと良いでしょう。

こちらの学資保険の無料相談についての記事も参考にご覧になってください。

Copyright (C) 子供の将来に備えて All Rights Reserved.