ケース別・学資保険の選び方

一口に学資保険といっても、各保険会社から様々なものが出ていて、どれに入れば良いのか、と首を傾げてしまいます。
一番良いのは専門家に相談することですが、その前にある程度の目星を付けておきたいというのはあるでしょう。
そこでケース別に様々な角度から、どんな学資保険が良いのか検証していきましょう。
とその前に、もう一つ検討しなければいけないことがあります。

それは、本当に学資保険が必要なのかどうか。
確かに子供に十分な教育を受けさせてあげたいというのはどの親でも願うことですが、それで生活が逼迫してしまっては意味がありません。
毎月家賃を滞納してしまう親、食事の質が落ちてしまい病気がち、給食費が払えず恥ずかしい思いをする子供、いつも同じ服を着なければいけない子供・・・
これでは何のための学資保険か分かりません。

では次に、学資保険を申し込もうとする場合、最初に検討すること、それは学資保険のタイプです。
ようするに貯蓄型か保証型かです。
貯蓄型の学資保険は祝い金や払戻金に重点が置かれていて、基本的に支払った額と同額か、それ以上の額が戻ってくる保険です。
あればあるだけ使ってしまうような夫婦の場合、強制的に貯金ができる上に、ソニー生命やフコク生命、アフラックといった払い戻し率100%以上の銀行やゆうちょを使った預貯金より有利な運用が可能なのが魅力です。

次に保証型。
これは子供や父親に万が一のことがあった場合の保障を重視していて、祝い金や満期の払戻金は、支払った総額を下回る、いわゆる元本割れをすることが前提になっている保険。
最近、大手が勧めてくる学資保険はほとんどがこのタイプです。
近年続く低金利の影響で、元本を保証するのがむずかしくなったせいで、万が一の事がなければその分をそのまま利益として自社に落とすことができるため、大抵の保険会社はこのタイプの保険を勧めてきます。
逆に元本保証型の学資保険はいくら売ってもほとんど利益になりませんから、保険会社はあの手この手のセールストークで保証型の学資保険を勧めてきます。
ひどい場合には、どちらともとれる曖昧な表現で、保証型で元本割れが起こることを分かっていながら、元本が保証された保険のように思わせて売り込んでくることもあるので注意が必要です。

もう一つ検討したいのは、満期がいつになるのか、祝い金がいつ支給されるのかです。
ほとんどの場合は、被保険者の子供の誕生日を基準に決められていて、18歳の誕生日を満期として設定している学資保険がほとんどです。
ただ早生まれの子の場合、17歳で学校を卒業し、新学期を迎えることになります。
18歳満期の保険に加入していると、祝い金をもらえるのは入学式の翌年になってしまいます。

また、最近では大学まで進学することが標準になってきました。
そのため、大学入学と卒業時がお金を一番必要とする時期にシフトしてきています。
この流れに対応するべく、アフラックやソニー生命では、17歳・18歳・20歳・22歳と4タイプの満期設定が自由にできるよう保険を見直しています。
学資保険は早く加入する方がお得と言われていて、出産前に加入するご家庭もあるそうです。
出産すると忙しくてゆっくり検討することが難しくなりますので妊娠中に検討することをおすすめします。
こちらに人気の高い学資保険が紹介されています。
こちらも参考にしてください。

Copyright (C) 子供の将来に備えて All Rights Reserved.