学資保険みんなは月々いくら払ってる?

子供を持つ親の6割は加入している学資保険。
とはいっても、新婚当初、子供が生まれたばかりの両親は決して恵まれた経済環境ではないことがほとんどです。
まずは、無料の学資保険相談をしてみると良いと思います。
実際の所、みんな月々いくらくらいの保険料を払っているんでしょうか。
明確な資料はありませんが、一般的には1万円から2万円というのが相場のようです。

貯蓄型の場合、大学入学の際に500万円の貯蓄を目標とする場合、子供が生まれたらすぐに加入する0歳児加入でもだいたい2万円は積み立てたいところです。
保証型の場合だと、さらに保険料は膨らんでいきます。
どんな保障を付けるのか、本当に必要な保障なのかを十分に検討しないと余計なお金を払うことになってしまいます。
また、最低金額の2万円もあくまでも学資保険だけを使って500万円を貯めようとした場合の話。
学資保険にかける保険料を減らし、残った分をもっとアクティブな株や投資信託などで運用するというのも立派な選択肢の一つです。
学資保険
人気保険会社ソニー生命・アフラック・第一生命の費用や返戻率やメリットデメリット等の比較やランキングに無料相談・資料請求などについて詳しく掲載されている学資保険サイトも是非ご参考にご覧になってください。
子供が優秀で奨学金をもらってくれたり、国公立大学に入ることができればこの500万円というのも変わってきます。
ソニー生命の場合であれば、最低金額は月々6000円台からですから、かなり余裕を持つことができます。
2万円全てをつぎ込むか、リスク分散も兼ねていろいろな投資をするか、考えどころです。
顧客との相互理解にも力を入れていて、コンサルタントの技量が高いことでも知られていますから、わからない場合は相談してみるのも良いでしょう。

他の保険会社の話を聞いていれば、それを持っていってどんな対応をするかを見ることで、保険会社の考え方・姿勢を見ることもできます。
お金はあればあったで困ることはありませんが、とにかくたくさん残したいでは、具体性がなく途中で挫折してしまうことにもなりかねません。
また、小学校・中学校・高校・大学と均等に祝い金が欲しいという場合もあるでしょう。
このようにゴールがいつでいくら必要なのかによって、選ぶコースとかける金額が変わってくることを理解した上で、保険選び・保険料の吟味をすることが大切なのです。
こちらの学資保険の返戻率もしっかりチェックしましょう。

Copyright (C) 子供の将来に備えて All Rights Reserved.