学資保険の耳寄り情報・豆知識

学資保険の耳寄り情報は意外なところに隠されています。
一言で言えば、学資保険なんてどこも同じだと思っていると損をすることがあると言うことです。
学資保険にはそれぞれの保険会社によって、様々な特色があります。
これを無視して付き合いや何となくで選んでしまうと思わぬ後悔をすることになります。

たとえばソニー保険の学資保険の場合、その特色は高い利率と自由度。
月々6360円からという低料金は他の1万円以上の保険料を最低料金に設定している保険会社に比べて大きなアドバンテージです。
それだけ低い料金でありながら、利息換算すると支払った保険料より約9%多く学資金を受け取ることができます。
また、中高大学に備えるプラン、大学に備えるプランというように学資金を受け取るタイミングに合わせたプランが用意されていたり、満期年齢を17歳・18歳・20歳・22歳から選ぶことができたり、支払い方法を月払い・半年払い・年払い・一時払いから選ぶことができたりと、支払い方法も様々。
さらに学資金額も最低50万円から最高1000万円まで、10万円単位で設定することができます。

もう一つ例をあげれば、フコク生命の場合、学資保険に兄弟割引がついてきます。
子供1人保険に加入している状態で、もう1人入ると200円前後の割引が受けられます。
10数年単位だと大きな差になりますね。
子供2人以上を望むカップルや、すでにいる人は見逃せません。
また、あまり知られていない豆知識ですが、学資保険はクレジットカードで支払うことも可能です。

アフラックの場合だと、JCB・アメックス・VISA・マスターカードとその提携カードでの支払いが可能です。
楽天カードなど、1%という高還元ポイントのつくカードもありますし、現金キャッシュバックのあるクレジットカードもありますので、そういったカードを使うことでさらにお得に学資保険を組むことができます。
こういった耳寄り情報は、いろいろな学資保険を様々な視点から比較することで始めて見えてきます。
何の考えもなくいきなり入るのではなく、十分な検討を重ねたいところです。

Copyright (C) 子供の将来に備えて All Rights Reserved.