学資保険が必要な理由を人生設計から考える

現在、様々な保険会社が様々なタイプの学資保険を売り出しています。
そのタイプは様々で、それぞれに一長一短があります。
そのため、良い学資保険・悪い学資保険というのは一概には決められません。
自分たちの環境、そして人生設計にぴったりとフィットした学資保険こそが良い保険と言えるわけです。

たとえば子供は2人以上と決めているとしましょう。
その場合、払戻金や保障内容が満足できるものであるならば、2人以上で加入したら得をする保険を選んだ方が賢いですよね。
現在、メジャーな保険会社の学資保険で兄弟割引を実施しているのはフコクー生命だけですから、検討の中心にするという選択肢が有力です。
また義務教育の段階から私立の学校に通わせたいと考えている人だったらどうでしょう。
公立の学校に比べて何かとお金がかかりますから、大学入学時にまとめてお金がもらえる保険より、小学校・中学校・高校・大学と節目にもらえるほうが家計としては助かります。
学資保険の払戻金は子供の誕生日を基準に算出されますから、早生まれの子供の場合、もらえるのが1年先になってしまう可能性もありますので、アフラックやソニー生命のように、早生まれ対応型にした方が(17歳を満期とする保険)良いでしょう。

あまり高い保険料は家計を圧迫してしまうと考える人もいるでしょう。
そんなときは、最低保険料が低い保険を選びたいものですね。
ソニー生命の学資保険は他社が1万円前後に設定している最低価格が6000円台とさらに低く設定されています。
当然、月々の保険料が少なければそれに応じて満期の払戻金も減ってしまいますが、保険料を払うために家庭が犠牲になってしまっては元も子もありません。
また、オプションでつけることのできる特約が充実している、私立や推薦入試などで一般の入学より早く学費を払わなければいけないことがあるなど、学資保険に寄せられるニーズは様々です。
自身の人生設計において、どのようなニーズがあり、それが検討している保険でミタされるのかどうかをしっかりと時間をとって検討したいものです。
決して安いものではありませんからね。

Copyright (C) 子供の将来に備えて All Rights Reserved.