学資保険の加入者満足度調査

せっかく学資保険への加入を決めたのですから、一番満足いくものに入りたいと思うのは当然のことでしょう。
もちろん、人によってどの保険が一番かは変わってきます。
しかし、世間的に高い評価を得ている保険にはそれなりの理由があるものです。
そこで今回は2011年にイードがまとめた顧客満足度に基づく調査から算出した学資保険の満足度調査の結果を見ていきましょう。
この調査は小学生以下の子供を持つ保護者を調査対象にし、インターネットによるアンケートでデータを取得しています。
ちなみに生命保険などは毎年最新のデータがあるのですが、学資保険に絞った調査ではこの調査結果が最新でした。

結論から言うと、総合満足度で1位に輝いたのはソニー生命。
2位はかんぽ生命、3位はアフラック。
やはり知名度の高い保険会社が上位を占める結果になっています。
銀行や証券会社、大企業が当たり前の様に倒産するようになってから、ますます大企業を頼る風潮が強くなったように見受けられます。

それぞれの部門では・・・
加入時の説明、要望にあったプラン、信頼度、手続きのしやすさ、加入後の対応の全部門でソニー生命が1位を独占しています。
保険は家を買う次に大きな買い物ですから、これが曖昧だったり態度が悪かったりすると、契約しようという気が一気になくなってしまいます。
ソニー生命は特に顧客への説明や、最適な保険をオススメするためのスキルアップに力を入れているとされていますので、この結果も納得できるものがあります。
また、手続きのしやすさも重要ですね。
保険の手続きは何かと複雑になりがちで、訳の分からないことを並び立てて大事なこと、顧客が不利になるような情報を隠しているのではないかと不信感を持つ人は少なくありません。
この点を解決したのは素晴らしいと思います。

それがまた信頼に繋がっているのでしょう。
さらに加入後の対応でもソニー生命の強さが光ります。
入るまではあんなにヘコヘコ頭を下げていたのに、加入した瞬間に手のひらを返す営業マンをよく見ます。
保険は一度入ると、中途解約すると損をするという印象があってなかなか解約する気にならないものです。
そこにつけ込む保険会社の傲慢さにはいつもイライラさせられます。

その点、ソニー生命は長い付き合いになるからこそ、アフターサービスにも力を入れるという保険会社として正しい姿勢を貫いていると言えるでしょう。
それにしても、総合1位はまだしも、部門1位を1社が独占するというのは、ソニー生命がすごいと言うより、他社のふがいなさが目立つ結果という気がしないでもありません。
頑張って欲しいものです。

Copyright (C) 子供の将来に備えて All Rights Reserved.