学資保険の期間はどのように考えて決定したら良いか

学資保険を選ぶ基準として良く取り上げられるのが、払い戻し率、満期の設定、そして祝い金や満期後の解約金の支払時期。
どれもとても重要なことです。
万が一の自体が起こったときの保障は父親の生命保険でカバーしているのに、元本割れしてしまう保障重視型の学資保険を申し込んでしまっては意味がありません。
また、子供が早生まれなのに18歳満期の保険を選ぶと、市場の金が欲しい時に払い戻しされないというアクシデントを引き起こすことになります。

さらに私立や推薦などで進学する場合、保険によっては支払時期が合わず、結局定期預金を崩したり、借金するようなことになりかねません。
ね、重要でしょう?
ここでもう一つ、学資保険を選ぶ際に大切なことをお話ししたいと思います。

それは、払込期間。
一般的な学資保険の場合、0歳から10歳くらいまでの間に保険に入り、所定の支払期間によって月々の保険料が変わってきます。
ほとんどの保険の場合、18歳までに保険料を完納する必要があるため、子供の年齢が若ければ若いほど、分割回数が増え、1回の支払額の負担を小さくすることができます。
こう書くと、早く入れば入るほど、1回の支払額は少なければ少ないほど良いと考えがちですが、一概にそうとも言えません。
18歳までに完納する場合、一番お金の掛かる18歳近辺でも同じ額の保険料を払わなければいけないことになります。
18歳が満期だと都合が悪いことは他にもあります。

それは、今ではほとんどの子供が大学まで、場合によっては大学院まで進むことです。
18歳で満期が来てしまっては、一番お金が必要な時にお金がもらえなくなってしまいます。
また、自営業などでは繁盛記と閑散期がわかれる場合もあるでしょう。
そういうときは、半年に一回まとめて払ったり、あるいは一括で全額払ってしまった方が生活に余裕が出る場合もあります。

このようなニーズがあるのに杓子定規に18歳完納や月々払いを割り当てると、損をすることになってしまいます。
その点、ソニー生命の学資保険の場合、満期年齢を17歳・18歳・20歳・22歳から選ぶことができたり、支払い方法もいろいろと選ぶことができる様になっています。
またアフラックの場合、10歳を満期にすることで、比較的経済の余裕がある時期に保険料を完納することができます。
こういった柔軟性って大切ですよね。

Copyright (C) 子供の将来に備えて All Rights Reserved.